歯と口の健康週間行事

歯と口の健康週間行事について

毎年、6月4日から始まる一週間は、「歯と口の健康週間」として定められています。
厚生労働省をはじめ、文部科学省、人事院、内閣府を動員しての事業です。
所沢市では、歯科医師会、市役所、保健所が参加して、毎年「歯と口の健康週間」の日曜日に実施しています。

第56回 歯と口の健康週間行事

日時 :6月10日(日)10時〜13時45分

会場 :所沢市保健センター

内容

・歯科健診と相談

・歯みがき指導

・歯科相談(矯正・一般)

・栄養相談

・フッ化物塗布(2歳〜未就学児)

・フッ化物洗口(小学生)

・AED体験

・血管年齢測定

・あそびばたけ

・パントマイム

・鍼灸体験

≪主催≫ 所沢市・所沢市歯科医師会

≪問い合わせ≫ 保健センター健康づくり支援課

第55回 歯と口の健康週間行事 6月4日(日)保健センター

会場風景平成29年6月4日(日)所沢市保健センターにおいて、第55回歯と口の健康週間行事が開催されました。今回の行事には、約90名の所沢市歯科医師会会員と本会事務員、28名の衛生士、所沢市職員、保健師、栄養士、消防署員、鍼灸師会、更には多数の市民ボランティアの方々が参加しました。
 当日は清々しい朝を迎え、穏やかな晴天の一日となり、開場前から行列が出来る程の盛況でした。
行事は次の内容で行われました。

行事の内容として
 1)歯科検診並びにブラッシング指導
 2)フッ化物歯面応用(小学生以上にはフッ化物洗口)
 3)歯科、矯正、栄養、育児の各相談
 4)AED体験コーナー
 5)鍼灸師会の鍼灸体験
 6)バルーンアートプレゼント
 7)パントマイム
 8)あそびばたけ(子供の遊具)+大人の健康づくりコーナー(血管年齢測定)
 9)所沢市のマスコット「トコロン」の着ぐるみ
 10)景品プレゼント

今年は4名の新入会員の先生の協力もあり、午前午後を通して検診のながれもスムーズに行われた為、来場された1086名の市民の負担も少なくすんで良かったと感じました。また、矯正相談コーナーは順番待ちができる状態で市民の方の関心が高い事がうかがえました。

いくつになっても、楽しく食事や会話が出来る為に、歯と口の健康が第一である事を気付いてもらう事が、この行事の目的の一つです。ご多忙にも拘らず藤本正人所沢市市長、中毅志所沢市議長がお見えになりました。市民への口腔疾患予防に関する啓蒙活動には歯科医師会だけではなく、所沢市との協力が必要であり、行政との強いつながりを感じられました。

無事に行事を終了する事が出来、歯と口の健康事業部員一同安堵すると共に、市民に歯と口の健康の大事さをより身近に感じて頂ける行事になる様、更なる努力を重ねて継続していきたいと思いました。

会場風景


Copyright (c) 所沢歯科医師会 All rights reserved.
2018/08/15[05:04:15]